セフレ探しでも相手のプロフィールは重要



セフレ掲示板を利用する目的はいろいろ考えられます。

シンプルにメル友や恋人を探したいという人もいれば、恋を味わいたいという人、さらには探したいという人もいるでしょう。

おそらく恋人を探すということであれば、相手の女性にメールを送るときにその人となりをまったく無視してしまうということは考えられないでしょう。

もちろん互いに知らない同士ですから、まずは相手女性のプロフィールを確認してからメールを送るといった形になるのではないでしょうか。

しかし、探しを目的としている男性の場合、なぜか相手の女性がどんな女性であるかということをあまり気にせず、なりふりかまわずたくさんの女性にメールを送りつけるという行動に出る男性が少なくありません。

まあ要するに、セックスさえできれば相手のことなどどうでもよいというところなのでしょう。

ただ、残念ながらそんな考え方では女性は振り向いてくれるはずがありません。ある意味恋人以上にこころが通い合っていないと成立しない関係であると言えるからです。

何しろ、「恋人」という関係でないにもかかわらずセックスを定期的にするという関係なのですから、そこにこころが存在しなければ、そんな関係を長続きさせることはまず不可能でしょう。

そのためにも、恋人探し以上に相手女性のプロフィールに即した内容のメールを送り、セフレとしての可能性を模索するという考え方は重要です。

それがおっくうであると思うのなら、通常のセフレ掲示板ではなく、いわゆる「セフレサイト」など、専門性の高いサイトを利用することをおすすめします。

最新記事

  • ブログ感覚でセフレ探し

    2014年6月1日

    であいけい掲示板
    セフレがほしいという人は、何らかのネット媒体を利用することになるとは思いますが、その代表となるのが、いわゆる「セフレ掲示板」になるのではないかという気がします。

    やはり男性が女性に対してたくさんメールを送り、その中の1人〜2人くらいから返事があればまだいいほうかな・・・という、まあ男性からすれば、涙ぐましい努力が必要になるわけです。

    しかし最近は新たな手法も考えられています。というのも、最近のセフレ掲示板では、「日記機能」を提供しているサイトが増えてきているからです。

    女性からすると、たくさんの男性からメールをもらうというのは、ある意味「極めてふつうの日常のひとコマ」と思われるくらい当たり前のことになりますが、しかし、他人の日記であれば、ついつ読みたくなってしまうというのも、とてもよく理解することができます。これは最近のブログやツイッターなどと同じ感覚であると言えます。

    つまり男性からすると、日記を書いて公開することで、女性が自分を知ってくれるチャンスがめぐってきたということにもなるわけです。

    いくらブログを書いてもツイッターを書いても、そのサイトの女性は見てくれないわけですから、セフレ掲示板内の日記機能を利用すれば、そのサイトの中の女性が日記を呼んでくれる可能性が高まるわけです。

    日記ですから、その内容は、自分のプロフィールのような内容である必要はありません。他愛のない日常のひとコマを文字に起こして公開するというだけで、他意はないです。

    ただ、そこに書いてある内容に興味を持った女性は、アクセスしてくるかもしれません。そして、それこそが男性にとっては大きな魅力なのです。

  • OLがセフレを欲しがるとき

    2014年5月30日

    ふつうのOLさんは、「ふつう」であるにもかかわらず、男性から見れば言いようもなく不思議な魅力を感じるものです。ですから、恋人がいるというOLさんは、基本的にはとても多いと言えるでしょう。

    しかし中には、仕事が忙しい、趣味が忙しいという理由で、恋人をあえてつくらないという女性も最近では珍しくありません。どちらにしても、探しているというOLさんはけっこうたくさんいます。当然中には「彼氏はいるけれど、セフレは欲しい」と考えているOLさえ少なくなりません。

    女性の場合、よほどの事情がない限り、出会い系サイトなどを利用すれば、何らかの形でセフレ候補となる男性は見つかるはずです。ただ、ほんとうにマッチした男性であるのかどうかは非常に難しいことになります。

    そんなに難しく考えることなく、男とセックスすればいいじゃないか・・・そんなふうに思う男性も多いとは思いますが、女性からすると、セフレというのは「単にセックスをする相手」というだけではありません。

    そのあたりは、男性とは大いに異なるわけです。

    女性が欲しいと思うのは、「こころのすきまを埋めたいとき」です。

    ひとりならまだしも、彼氏がいるOLが「こころのすきま」などあるものかと思う人もいるでしょうが、彼氏が自分の悩みに気づいてくれないときには、そのような気持ちになるのはごく普通のことです。

    ですから、OLがセフレを欲しがるのであれば、男性からすれば意外と落としやすいタイミングであると思われます。

  • 書き込みは頻繁にチェック

    2014年5月29日

    セフレ掲示板を利用して見つけたいと考えている男性は少なくありません。中には「セフレサイト」や「不倫サイト」など、セフレ探しに特化したサイトさえ多くでまわるようになってきています。

    さて、そんな中でも最近では非常に多様なサービスが提供されるようになってきているというのが、ひと昔前にくらべると大きな進歩であると言えます。

    そのサービスの中でも、利用価値が高いと思われるのが、「掲示板」です。セフレ探しなどのように、メールで女性には書けないような内容を、掲示板に記すというのはかなり有効です。

    ただ、セフレ掲示板では、自分が書き込むだけではなく、女性が書きこんだ内容についてもこまめにチェックすることが大切です。中には、女性のほうから募集というような内容を掲示板に書き込んでいるかもしれないからです。

    ただ、男性のライバルがあまりにも多いため、そういった書き込みはすぐに返事がいっぱいになってしまうため、乗り遅れないようにこまめにチェックしておいて、できるだけ早いタイミングで掲示板に返事を書きこみたいところです。

    それと、ひとつ注意したいことは、そういった内容が女性によって書きこまれている場合、単なるいたずらか、あるいは他の業者からの勧誘・スカウトが目的であるようなケースも珍しくありませんので、そのあたりのことについては十分注意することが望まれます。

    いずれにしても、掲示板だけはこまめにチェックしておくことが大切です。

  • セフレを探すきっかけ

    2014年5月27日

    何か新しいことをスタートするというときには、その「きっかけ」となるできごとは重要です。そこがこれまでにまったくイメージしていない世界であったとしても、きっかけさえあればいつ自分が踏み込むことになるのかわからないものです。

    たとえば「セフレ」という関係を模索しようと考えるときも、まったく同じでしょう。男性からすれば、セフレはだれでも欲しいと思うはずですが、実際「セフレ探し」をするきっかけがなければ、そういう行動を起こすことはないはずです。

    ただ、欲しいと思うなら、やはり行動しなければ何もはじまりません。男性ならみんな欲しいと思っているわけですから、探すきっかけなど何でもよいのではないでしょうか。

    たとえば、毎日家と会社の往復で、全然刺激がないと考えているのであれば、気分転換という程度のノリで探してみるというのも悪くはないはずです。

    実際、非常にスリリングな側面を備えていますし、だとすれば、セックスフレンド探しだってかなりスリリングな行動であると言えると思います。

    出会い系サイトなどで、自分と同じく性欲におぼれそうになっている女性を探す行動ほどスリリングなことはありません。ですから、その首尾は別としても、「セフレ探し」という行動自体、かなりストレス解消になると言えるはずです。

    そんなわけで、ほんのちょっとしたきっかけからセフレ探しをスタートしてみると、いろいろな意味で「新しい世界」を垣間見ることができるはずです。

  • セフレ掲示板に書き込む

    2014年5月26日

    「セフレ掲示板」を利用すればよいといった話はよく聞きますが、これには理由があります。

    まあその理由はなんとなくわかる気がしますが、いずれにしても出会い系サイトというコミュニティには、出会いのためのいろいろな機能を備えているということが大きな理由になっていると思われます。

    メールを送るという機能はもっともベーシックですが、それ以外にもチャットで会話したり、あるいは日記を掲載したりと、「セフレ掲示板」であることを除けば、他の一派的なコミュニティサイトと基本的には同じであることがよくわかります。

    そしてもうひとつ、「掲示板」を利用することができるというのも、最近の出会い系サイトの大きなメリットとなっています。

    基本的には「出会い」に関連した内容であることが望ましいと言えます。たとえば、女性に送るメールの中に書くには少々勇気が必要な意図を、不特定多数が閲覧する掲示板であれば、案外ラクな気持ちで書くことができると思います。

    セフレ掲示板、会員であればだれもが利用することができるという特徴があります。

    ですから、自分がアピールしたいことを多くの人に知ってもらえるという意味では、この「掲示板」の利用価値は非常に高いと言えるでしょう。

    ですから、メールではちょっと言いにくいことなどを積極的に掲示板に書き込むこと、これをぜひ実践していただきたいという気がします。